2008年5月22日木曜日

一緒に作る

今日は俺が携わる雑誌の創刊日。


昨夜は気持ちが昂ぶり、
その一方で、
まだ完全に気持ちがのってきていない自分に腹が立ち
(営業で結果を出していないし、社内で萎縮する場面も多々あるし)


思わず事業部の関係者全員に「決意メール」を贈った。



・自分がいまだ事業の役に立っていないことが悔しいこと
・この雑誌に携われることに誇りを持っていること
・両親の世代や団塊の世代に対する想い
・自分の両親への想い(特に親父)

などを正直に書いた。



気がついたら、終電を逃していてなんとか池袋までたどり着くのがやっとだった。




そして今日の朝。


事業部のメンバー(ちなみに今の事業部に、新人は俺ともう一人しかいない)
からたくさんの「反応」が返ってきていた。



感動した
新人時代を思い出した
刺激をもらった など・・・



そして、その反応の最後には決まって


「一緒に新しい社会を作っていこう」


みたいな締め文句があった。




「一緒に」という言葉。

すごく温かいし、とてもフラットで連帯感を感じる言葉だ。




みんな無意識で返してくれたのだろうけど
事業部の人達が好きになった。




元気が出た。


よっしゃ。



理想を高く掲げて
新しい社会を作っていこう。




今日のヒトコト

「自分から発信すると、必ず周りから反応がある、そんな会社」

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

素晴らしいね

初心を忘れない先輩や
庄司の本気さも
いい日記も

見てて清々しい

がんばれよ、一冊買ったぜ
for my parents

なべかな さんのコメント...

しょうじさんの本気と

その本気を言葉で人に伝えることができる力は本当に尊敬します。

負けてられません!!

しょうじ さんのコメント...

>匿名さん

ありがとう!
御両親からの感想を
マジで聞かせて下さい!
待っています!


>せかいのなべかな

なべはブログ書いていないの?
お前の本気も聞かせてくれい