2008年5月31日土曜日

そうね、来年くらいには




【写真】
のざわ 
大学1年生のときに出会った友人  久々の再会



今週は「考える人」2名様とじっくり語る機会があった。


のざわととある同期。


「どんだけ考えんの?」

ってくらい考えてる人たち。



のざわは親戚の葬式の日も考える。
電車に乗ってからも、葬祭場に行ってからも


「人間には自身では気がつかない側面がある」
みたいなお題でひたすら考え続けていたらしい。



考え続けた結果 ・・・


考える事にそれほどの価値を感じなくなり、
むしろリアルな生活に喜怒哀楽を感じられることが
なにより素敵なことだと気がついたらしい。


だから最近の座右の銘は

「生活者視点」BY 民主党 


論理武装と論理ワープのコントラストで
普段あまりない頭の使い方を楽しめた時間だった。




************


とある同期もめっちゃ考える。
俺とは正反対の性格。

だからお互い困惑することもある。
珍しく胃が痛くなるときもある。



ちょっと関係がうまくいっていなかったから コーヒーに誘った。

そのときの会話に目次をつけるとしたら


・なぜ今日話がしたいのか?
・私は平和主義者だから安心してください
・いつもなにを考えていますか?
・大学時代はどうでしたか?
・もっとあなたとコミュニケーションをとっていきたいのですが
 それに先駆けて直してほしい点があれば言ってください

みたいな感じ。(もはや目次ではないが)
基本あちら側ペースで話してみた。

やはり出てくる出てくる新しい側面と本当の気持ち。
3時間くらい話をしたのだろうか。

距離が縮まったかどうかはわからないが、
2者間の関係性の「落としどころ」が見えた。

じぶんと遠い人間と話す。


すごく勝負している感じがあって
新鮮な頭の回転が起こるし、新しい気づきがあっておススメです。

『お前、めっちゃ考えてんな!』って言われてみせようホトトギス


そうね、来年くらいには。      

2 件のコメント:

明子 さんのコメント...

小松です、馬場ちゃんのブログから飛んできました!
いや~これは名文ですね!
私も「考える人」側なんですが、友人には現実の喜怒哀楽に引き戻してくれることを求めますよ笑

しょうじ さんのコメント...

>こまっちゃん

こまっちゃんは考える側面と
喜怒哀楽の側面がとてもバランスよく
吐き出されていてとてもよいと思いますよ。

懐かしい名台詞を使わせていただくと、

とてもよいです。